ジルコニア治療|優れた万能歯材ジルコニア(かぶせもの・詰め物)のメリットとデメリット
woman dentist take implant tooth on the blue background

歯科インプラントにおいて、最近注目されているジルコニアという素材をご存知でしょうか。
ジルコニアは、人工ダイヤモンドとして有名ですので、アクセサリーなんかですと聞いたことがある方も多いかもしれません。

2005年には、歯科用ジルコニアとしての薬事法の認可を受け、最近では、歯科治療にもジルコニアを使用することが増えてきつつあります。

スポンサーリンク

ジルコニアって?

人工ダイヤモンドとしても有名なジルコニアは、セラミックの一種です。
その中でも特に靱性(物質の脆性破壊に対する抵抗の程度)が高くて強くて丈夫な素材です。
その丈夫さから、スペースシャトルの断熱材にも使われるほどです。

また、金属に比べてアレルギーを引き起こしにくいため、
人工関節や歯科インプラントの素材としても注目されています。

ジルコニアのメリット

強度

セラミックの中でも圧倒的に耐久性がよく、丈夫な素材なので、強く噛みしめることが可能です。
従来のセラミックも、高い硬度を持っていましたが、柔軟性が低いので、強い力が加わったときに、「割れる」「欠ける」などのトラブルが起こる場合がありました。

ジルコニアは、鉄などの金属よりも硬い素材で、世界で一番硬い鉱物である天然ダイヤモンドにの次にモース硬度があります。
※モース硬度は、主に鉱物に対する硬さの尺度の1つで、引っかき傷の付きにくさを示す数値です。

従来のセラミックが60~80MPという数値に対して、ジルコニアは900~1,200MPがあるため、10倍以上の硬さがあることになります。

また、ジルコニアは、優れた曲げ強度により、大きな力を拡散させる作用を持っています。
そのため、従来のセラミックに比べ、割れたり欠けたりするリスクが低くなっています。

歯垢がつきにくい

ジルコニアは、表面が滑沢で、また、前項のモース硬度からわかるように、引っかき傷がつきにくい素材であるため、歯垢がつきにくくなっています。

そのため歯肉炎や虫歯を起こしにくく、お口のトラブルのリスクを減らすことができます。

変色しにくい

もともと、これまで主に保険適用の歯科治療に使用されていた金属やレジンよりも変色しにくいと言われるセラミックですが、
それでも経年劣化等により変色が報告されてきました。
ジルコニアは、セラミックの中でも安定性の高い素材であるため、その他のセラミックよりも、さらに変色しにくい素材となっています。

審美性

ジルコニアは、天然歯のような透明感があります。
周りの歯の色に合わせた色調を再現することにも優れていますので、
大きく口を開けても義歯であることに気づかれることはほとんどありません。

金属アレルギーのの心配がない

これまで、インプラントの素材はチタンが使われることが主でした。
チタンも他の金属に比べて、非常に安全性の高い素材で、溶け出しにくく、変質しにくいという特徴があります。
しかし金属ではありますので、いつかアレルギーになる可能性も否定はできません。
ジルコニアは、セラミックですので、金属アレルギーの心配はなく、
金属アレルギーの方でも安心してご使用いただくことが可能です。

ジルコニアのデメリット

噛み合う歯を痛める可能性がある

ジルコニアは、天然歯よりも硬いので、噛み合っている反対の歯を痛める場合があると言われています。
しかし、しっかりとかみ合わせの調整を行い、ジルコニアの表面を丁寧に研磨することで防げることがわかっています。

データが少ない

ジルコニアは、日本では2005年に歯科用ジルコニアセラミックとしての薬事法の認可を受けたばかりです。
まだ使われ始めて、十数年しかたっていないため、他の治療方法に比べて、治療予後のデータが少ないと言われることがあります。

しかし、すでに世界中で、年間500万本以上の補綴物(ほてつぶつ)に使用されています。
また、人工関節には20年近く使われている臨床実績がありますので、安全性、信頼性は充分だと言えます。

費用が高い

インプラントは高いというのはみなさんのイメージにもあると思いますが、
ジルコニアはインプラントの中でも高いです。

インプラント(人工歯根)、アバット、クラウンをすべてジルコニアにした場合は、
1本あたりの費用が30万円~50万円を超える場合もあります。
※外科基本手術料、インプラント、薬品代含む費用です。

まとめ

ジルコニアは、これまでのセラミックの弱点であった強度の問題を完全に克服し、変色しにくく、見た目に美しく、アレルギーの心配がなく、体に優しいといったとても大きなメリットがある素材です。

1本あたり30~50万円かかるケースもあるとなると、気軽選択することは出来ないジルコニアです。

インプラントは第二の永久歯と言われるほど長く使用できる治療方法ですし、
ジルコニアならではのメリットがあり、金額以上のメリットがあるものだと思います。

現在インプラントをご検討されている方は、ご検討されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事