今さら聞けない。インプラントとはどうような治療?
Dental row and one implant on white background. 3d illustration

失ってしまった歯を治療する場合、インプラントという言葉を耳にすると思いますが、インプラントとは何なのか、他の治療と何が違うのかよくわからない方も多いと思います。

スポンサーリンク

インプラントとは

インプラントとは、あごの骨の中にチタン製またはチタン合金製の支柱(人工歯根じんこうしこん)を埋め込み、そこを土台にセラミックなどで作られた人工の歯を取り付ける方法です。インプラント自体は、体内に埋め込まれる器具の総称でありますので、骨折やリュウマチ等の治療で使われるボルトや、心臓ペースメーカーなども含まれます。

歯科では顎(あご)の骨に埋め込む人工歯根(じんこうしこん)の事をインプラント、デンタルインプラント、口腔インプラント、歯科インプラントなどと呼びます。

インプラントの構造

インプラントは、主に3つのパーツに分かれています。

1.顎の中に埋め込まれる人工歯根(インプラント)

2.インプラントと、人工の歯をつなぐ支台部(アバットメント)

3.人工の歯

インプラント部分には、チタンが使われています。チタンは※生体親和性(せいたいしんわせい)に優れ、体に馴染みやすく、骨と強固に結合する性質があります。アバットメント部分は、チタンや、チタン合金などが使用されています。人工歯にはセラミックやレジン、ジルコニアなどが使われています。

※生体親和性

体内において、異物によって生じる組織反応の程度、または全身性の反応の程度。

インプラントと差し歯の違い

差し歯とインプラントの違いは何でしょうか。インプラントと同じく、歯が抜けた際の治療で思い浮かべることがお多いのが、差し歯だと思います。実際、インプラントと差し歯は混同されやすい治療で、違いがよくわからないという方も多いと思います。

歯根が残っているかどうか

差し歯は、ご自身の歯根に土台を入れてその土台に人工歯を装着します。

まず、ご自身の歯根に土台を入れます。それから、歯形をとり、出来上がった人工の歯を被せて固定します。

インプラントは、顎の骨に人工歯根を埋め込みますので、ご自身の歯根が残っていない状態、または、歯根も抜かなくてはならならい場合など、完全に歯を失ってしまった場合でも治療が可能です。

保険の適応

差し歯は保険の適応の場合が多く、保険適応の場合、安くて数千円で済むケースもあります。インプラントの場合は、保険適応外となりますので費用が高額になります。

インプラントのメリット

保険適応外で治療費が高額になりやすいインプラントですが、インプラントならではのメリットも多くあります。

強く噛める

他の治療方法と比べると、より安定的に人工歯を固定する事ができるので、ご自身の歯があったときと同じ様な快適な食生活を送るというメリットがあります。また歯を食いしばった際なども、天然の歯と近い感覚になります。

他の歯に負担をかけない

インプラントは1本1本独立して埋め込みますので、ブリッジのように隣接する歯を削ったりすることはありません。また、ブリッジなどは装着後の、維持力や噛む力を隣接している他の歯に頼ることになるので、他の歯や粘膜に負担をかけてしまうことになりますが、インプラントの場合、歯根から独立しているため、他の歯や粘膜に負担を掛けることがありません。

見た目の美しさ

ブリッジや入れ歯と違い、非常に審美性に優れています。歯は一人ひとり異なるため、インプラントではその方に合わせた人工歯を作成します。そのため、天然の歯に近い審美性を回復できます。天然の歯に近い機能の回復が可能である点や、見た目も天然の歯にかなり近く、審美性を保てるなどのメリットがあり、機能面と見た目の両面で天然の歯に近い状態を再現できます。

治療期間

インプラントの治療期間は、個々の状態により大きく異なります。顎(あご)の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込んでから、インプラントに骨が結合するためにはある程度の期間が必要です。インプラントを埋めるための骨の高さや厚みが十分な場合は、2~3ヶ月程度です。

インプラントを埋めるための骨が足りない場合は、   骨を作る処置を同時に行うため、3~5ヶ月程度かかる場合があります。また、インプラントを埋めるための骨が大きく足りない場合は、それ以上に時間がかかるケースもあります。

費用

人工歯根(インプラント)・・・・・・・¥290,000~

※外科基本手術料、インプラント、薬品代含む

アバットメント・・・・・・・・・・・・¥40,000~70,000-

上部構造(人工歯)/セラミック歯・・・¥175,000~

まとめ

インプラントは、歯が抜けた場合や抜かなければならない場合に、歯根(歯の根)が残っていない状態でも治療可能な歯の回復方法です。

従来のように、失った歯を回復するために、残った歯を削ったり、残った歯に負担を掛けることはなく、基本的に周囲の歯を残したまま治療が可能です。

装着後も、元の歯があった場合とほとんど変わらないな機能や見た目の回復ができます。

保険適応外のため、費用が高くなってしまいますが、歯を失う前の状態に限りなく近づけたいという要望に答えることができる治療と言えます。

スポンサーリンク
おすすめの記事