600万人以上が選んだ見えない、目立たない「マウスピース型」歯列矯正
歯並びが気になり、歯列矯正をしたい。だけど歯列矯正というとワイヤーを端に取り付けるイメージが有りますね。 歯列矯正をする「勇気が持てない」。そう考えている人も多いと思います。 確かに、見た目を美しくするために歯列矯正を検討しているのに、金属のワイヤーを長期間取り付けるのには抵抗がある方も多いかもしれません。 そんな方が今、注目されているのが、透明なマウスピースを用いて目立たずに歯列矯正が行える治療方法「インビザライン」です。  

インビザライン(invisalign)とは?

インビザラインは、着脱可能な透明なマウスピースによる歯列矯正方法です。 1997年にアメリカのアライン・テクノロジー社により開発され、これまでに600万人以上の患者がインビザラインでの治療を受けている信頼性の高い治療方法です。 日本でも2006年に上陸し、多くの方がインビザラインによる歯列矯正を選んでおられます。 では、世界中から高い支持を得ているインビザラインにはどんなメリットがあるのでしょうか。

インビザラインのメリット

透明なマウスピースを使った歯列矯正

インビザラインの最大の特徴はアライナーと呼ばれる「透明な」マウスピースを使った歯列矯正方法という点です。 透明なマウスピースを使うことにより殆どの場合、矯正器具をつけている事自体気づかれることがありません。 歯列矯正の治療中でも口元を気にすることなく、笑顔を見せることができます。目立つワイヤーを付けることに抵抗があり、歯列矯正を躊躇している方には大きなメリットだと言えます。

着脱可能なマウスピース

インビザラインは、簡単に取り外すことが可能です。マウスピース型の歯列矯正器具なので、食事や歯磨きの際など、ご自身で簡単に取り外すことが可能というメリットがあります。 ワイヤーの場合は歯ブラシが行き届かず、ワイヤー周りの磨き残しがあったり、食べかすがワイヤーに挟まって取れにくかったりなどのデメリットがありましたが、インビザラインの場合はそのような心配はありません。 歯列矯正中も矯正前と同じように、歯磨きを行えるため虫歯になりにくいというのもメリットです。

痛みが少ない

インビザラインは一般的なワイヤーを使用しての歯列矯正よりも痛みが少ない場合が多いというのもメリットの一つです。 歯列矯正は痛いというイメージは、一般的なワイヤー治療におけるものですが、ワイヤー治療の痛みの原因は何でしょうか。ワイヤーを使用した歯列矯正の痛みの原因は、歯に設置する装置と歯を動かすためのワイヤーが取り付けられているためです。装置やワイヤーが口の中の粘膜を傷つけるので、痛みが発生したり、年中口内炎がで来ているなどの状況が起こりやすくなります。 他には、矯正治療によって、歯が動くことによりかみ合わせが変化し、一部の歯に強い負荷が掛かり痛みを感じることも多いです。 インビザラインの場合は、素材が柔らかいプラスチックなので粘膜を傷つけることはほとんどありません。 また、マウスピースで歯を覆うという事は歯の噛み合わせ部分も覆われているので、治療が進みかみ合わせが変化しても、ワイヤー治療に比べ変化に伴う痛みも少ない場合が多いというメリットがあります。

金属アレルギーでも治療可能

素材がプラスチックなので、金属アレルギーの方でワイヤー治療が行えない方でも歯列矯正ができます。金属アレルギーの方にはとても大きなメリットであると言えます。

通院回数が少ない

ワイヤー治療の場合、ワイヤーの調整などのために約1ヶ月に1度の頻度での通院が必要となりますが、インビザラインを用いての歯列矯正の場合、約2ヶ月に一度の通院頻度で済むケースが多く、通院の負担が軽減されます。 大人になるとなかなか通院の時間が取れないという方も多いと思いますので、通院の負担が軽減され、無理なく続けられるのは大きなメリットの一つです。

インビザラインのデメリット

ここまでインビザラインのメリットを紹介してきましたが、では、インビザラインにデメリットはないのでしょうか。

装着時間を守らないと治療期間が長くなる

インビザラインでの歯科矯正は120時間以上マウスピースを装着する必要があります。 取り外しができないワイヤーと違い、簡単に取り外しができるマウスピースであるために、ご自身で装着時間を管理する必要があります。 装着時間を守れないと、矯正期間が延びたり、最悪の場合、矯正結果に影響が出ることもあります。取り外しが用意ということが、メリットにもデメリットにもなり得るという事を理解し、きちんとご自身で管理することが必要となります。

歯に何もつけないわけではない

インビザラインでの歯列矯正にはアタッチメントと呼ばれるプラスチックを歯に貼り付ける場合があります。 アタッチメントをつけないことを選択することもできますが、計画通りの歯の動きができなくなる可能性があります。 インビザラインなら、マウスピース以外何もつけないで歯列矯正が行えると思っている方が多くいますが、歯列矯正を効率的に行うために、アタッチメントをつける場合もあります。 アタッチメント自体は、1mm前後の小さいものでほとんど目立ちませんので、デメリットと呼べるかは分かりませんが、完全に何もつけなくても良いというわけでないという点には注意が必要です。

必ずしも使用できるわけではない

希望するからといって必ずしもインビザラインでの矯正を行えるわけではありません。 状況によってはインビザラインによる矯正が行えない場合もあります。 ですが、 使用が可能なのであれば、メリットが多いのがインビザラインです。

まとめ

インビザラインは装着時間の目安等を守り、正しく使えばデメリットよりもメリットの方が遥かに多い歯列矯正方法です。 現状ではまだまだ取り扱える歯科医院は少ないものの、透明なマウスピースを用い目立たずに歯列矯正を行えるというメリットを持つインビザラインは、今後更に広く普及していくことは間違いないでしょう。  
スポンサーリンク
おすすめの記事