歯列(歯並び)を矯正するのに、抜歯は絶対に必要なの?

最近、おとなになってから歯並びの矯正を始める方も増えてきました。

歯列矯正(矯正歯科)の期間はどのくらいかかるの?抜歯は必ず必要なのでしょうか?とても気になりますね。

歯の矯正といえば『痛い』『時間がかかる』『健康な歯を抜く必要がある』などのイメージを持っていて、矯正に踏み切れないという方もまだまだ多いと思います。

この記事では、歯列矯正の期間や抜歯の必要性などについて説明していきます。

スポンサーリンク

抜歯をおこなう理由

歯列矯正を行う場合、抜歯するケースはあります。
とはいっても、全国の歯科医師のみなさんも基本的には『抜かずにすむ場合はできるだけ歯を残して治療したい』と考えているはずです。
健康な歯を抜かずに、出来る限り残したいと考えていても、それでも歯を抜いたほうが良いケースはあります。
『重度でも歯を抜かない治療』が必ずしも良いわけではありません。

歯を移動するスペースを作る

抜歯をすることで、歯がきれいに並ぶためのスペースを確保することができます。
歯並びが悪くなる原因の1つにあごが小さく、歯が正常に並ぶためのスペースが無いことが挙げられます。
歯を抜いたスペースに向かって歯を移動させることで、より理想に近い歯並びに矯正していくことが可能です。

後戻りを防ぐ

歯槽骨(しそうこつ)という、歯が収まっている部分の骨は人それぞれで、この歯槽骨のの大きさを無視して無理やり歯を動かしてしまうと、
移動した歯が元の位置に戻る『後戻り』が発生してしまうリスクが高くなります。
また、将来的に、歯肉が下がりやすい、歯周病が進行しやすいといった事が起こる場合もあります。

抜歯を行う歯は決まっている

抜歯を行う場合、闇雲に歯を抜くのではなく、抜く可能性のある歯はある程度決まっています。
主に抜く可能性のある歯は小臼歯(しょうきゅうし)という部分で、犬歯の後ろ側にある前歯から数えて4番目と5番目の歯です。

小臼歯(しょうきゅうし)を抜く理由は、前歯と奥歯のほぼ中間にあり、ここにスペースを作る事が、歯を移動させるのにちょうどいい位置に有るためです。

小臼歯(しょうきゅうし)は、本来、かみ合わせを決める役割がありますが、小臼歯(しょうきゅうし)には、第一小臼歯と、第二小臼歯があり、そのどちらか一方を抜いても、かみ合わせに影響は少ないとされている事も理由の一つです。

歯列矯正には時間が掛かる

「歯の矯正には時間がかかる」ということはみなさんもイメージされている事だと思いますが、実際にどのくらいの期間がかかるのか、わからない方も多いと思います。
まず、矯正を開始するまでについてですが、
初診でカウンセリングを行い、
その後の来院で、レントゲンやCT撮影、かみ合わせの確認や、歯の型取りなどを行っていきます。
この間に、治療計画等の立案を行い、実際に矯正が開始するまでには、1ヶ月~2ヶ月ほど掛かるケースが多いです。

矯正に掛かる期間

治療にかかる期間については、矯正方法や歯列の状況によって変わってきますが、一般的な目安としては以下のとおりです。

・ワイヤー矯正
歯の表面にワイヤーを付ける一般的な矯正方法です。
矯正期間はおよそ2年~3年ほどです。

・裏側(リンガル)矯正
歯の裏側(舌側)に矯正装置をつける矯正方法です。
装置が歯の裏側にあるため治療中に目立たずに矯正を行うことが可能なため、おとなになってからの矯正や、矯正中に目立たなくしてほしいという方に使われますが、
矯正期間は、基本的にワイヤー矯正と変わりなく、およそ2年~3年ほどです。

・マウスピース(インビザライン)矯正
少しずつ形の違う透明なマウスピースを一定期間ごとに取り替えて行くことで歯を動かしていく方法です。
矯正期間はおそよ1年~2年ほどと、ワイヤー治療に比べると矯正期間は短くなるケースが多いです。

スピード矯正

マウスピースよりも更に矯正期間が短くなる『スピード矯正』という方法もあります。
スピード矯正では、矯正治療と外科手術を組み合わせることにより、矯正期間を短くします。
矯正期間は、最短でなんと『6ヶ月』にまで短縮できる場合もあります。

一般的な矯正では、歯槽骨(しそうこつ)という、かたい骨に支えられている歯を少しずつ動かしていきます。

スピード矯正では、コルチコトミー(歯槽骨皮質骨切除術)という、歯の周りの歯槽骨に切れ目を入れたり、一部を除去することで、歯が動くスピードが上がります。

『骨を切るなんて・・・』と不安に思う方もおられると思いますが、
このコルチコトミー(歯槽骨皮質骨切除術)と併用する矯正は、骨は回復すると以前よりも丈夫になるという性質を利用したもので、切ることで自然治癒力を高める効果が働きますので、歯槽骨はより丈夫になり、再生されます。

コルチコトミーと、アンカーインプラント(矯正用のインプラント)を併用することもあり、矯正期間を大幅に短縮することが可能です。

ただし、スピード矯正には、歯列矯正と口腔外科、インプラントなどの広い範囲で、専門性の高い技術が必要となりますので、スピード矯正を行える歯科医師は限られてきます。

まとめ

矯正=抜歯ではありません。
健康な歯は可能な限り残す様な治療方法を取るのが一般的ですが、
最終的な仕上がりや、矯正が終わった後の将来的なリスクを考え、抜歯を行ったほうが良い場合もあります。

また、最近では、矯正に時間がかかるという理由で断念していた方も、矯正に踏み切りやすい様なスピード矯正などの治療方法もあります。
まだまだメジャーとはいい難い治療方法ではありますが、これからどんどん症例数も増えていき一般的になってくる治療方法だと思います。

近くの歯医者さんへ相談してみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事