インビザライン矯正中にやってはいけない3つのこと。しっかり守りましょう。

インビザラインをネットで調べると、失敗や後悔といったワードを見かけることがあると思います。

インビザラインで現在、矯正を行っている方、これから矯正を始めようと思っている方へ、矯正に失敗しないためにやってはいけない事をまとめました。

スポンサーリンク

装着時間を守らない

インビザラインアライナーと言われるマウスピースを1日20時間以上付ける必要があります。

取り外しが可能なインビザラインゆえに、装着せずに寝てしまったり、朝歯磨きをしたあとに、取り付けるのを忘れてそのまま外出してしまったりなど、1日の装着時間を守れないケースもあると思います。

しかし、装着時間が守れないと計画通りに歯が動かずに、失敗してしまう場合があります。

取り外しが出来ることは、インビザラインのメリットですが、反面、自己管理が必要です。万一そのようなケースが起こった場合の対処法などを歯医者さんに確認してみましょう。

マウスピースは1日20時間以上付けること

マウスピースの交換期限を守らない

インビザラインは、微妙に形の違うマウスピースを一定期間ごとに交換して、少しずつ刃を動かしていきます。

交換時期については担当の医師から指示があると思いますが、交換期限をきちんと守れないと、計画通りに歯が動かずに失敗してしまうことになるかもしれません。

マウスピースの交換期限を守ること

アライナーを装着したまま食事を取らない

インビザラインの治療に慣れてくると、食事の度にアライナーを外すのが面倒になり、はめたまま食事を取られる方がいらっしゃるようです。

おやつなどを食べる際にも、いちいちアライナーを外すのも面倒くさいというのも分かりますが、アライナーをはめたまま食事を取ることはマウスピースの変形や破損の恐れがあります。また、食べ物がマウスピースに付着し、衛生面でもお勧めできません。必ず外してから食事をするようにしてください。

マウスピースは食事毎に外すこと。マウスピースを装着したままの食事はマウスピースの変形や破損の恐れ。

奥歯が沈んでいく

アライナーは通常、0.7mmほどの厚みがあります。上下の歯にアライナーを装着したまま奥歯を咬み合わせると2つのアライナーの厚み分の約1.4mm程度の厚みのあるものを噛んでいることになります。

そのため、奥歯が骨に沈んでいくように力が加わることになります。アライナーを装着した状態で食事を取り、強くかみしめると、普通に食事を摂る負荷に加えて、アライナーの厚みの分の不可が多くかかり、奥歯が徐々に沈んでいきます。そうなると、アライナーを装着していない状態では奥歯が咬み合わない状態になることが考えられます。

 

アライナーが変形する

アライナーは弾力のある素材ですので、そう簡単には変形を起こすことはありませんが、咀嚼時には非常に強い力が加わります。咀嚼で歯を動かしているときには、アライナーと歯の間にわずかに隙間が生まれ、隙間のある部分に強い力が加われば、変形してもとに戻らなくなってしまう可能性もあります。アライナーが変形すれば、予定通り歯を動かすことが出来ずに、失敗してしまうことに繋がります。

歯とアライナーの間に食べカスが入る

咀嚼で歯を動かしているときには、アライナーと歯の間にわずかに隙間が生まれることに加え、場所によってはアライナーと歯の間にある程度隙間のある場所もあります。

そういった場所に食べ物が入り込むと虫歯や歯肉炎などのトラブルの原因となります。

アライナーが変色する

アライナーを装着したまま濃い色の食べ物を食べたり、飲み物を飲んだりした場合アライナーに色が付着してしまう場合があります。

色が付着してしまうと逆に目立ってしまうこともあり、せっかくの目立たない透明マウスピースが台無しになってしまいます。

水以外の飲み物を飲む場合もアライナーを外していただいた方が良いと思います。

歯の食いしばり

歯の食いしばりに関しても食事と同様です。

歯を食いしばるときには、歯に非常に大きな負荷がかかります。アライナーを装着した状態で、強く歯を食いしばることはできるだけ避けてください。

アライナーが浮いている

インビザラインのブログやツイッター等を見ると、アライナーが浮いているというワードを見かけることがあります。

インビザラインでの治療中アライナーが浮いた状態になっていると、計画通りに歯が動かなくなり失敗につながる可能性があります。

ちゃんと歯が動いていれば問題ないですが、再度アライナーを作り直す必要がある場合もあります。

1mm程度なら問題ない場合が多いですが、新しいアライナーをつけ始めて数日たっても5mm以上浮いているような場合は担当医に確認してみたほうが良いかもしれません。

若干浮いているような場合は、しっかりとはめるように試してみてください。ただ、その際、歯を思いっきり食いしばってはめようとするとアライナーが傷ついてしまうのでよくありません。

まとめ

インビザラインに治療に失敗しないためには、1日の装着時間や、定期的な交換期限を守り、はめたまま食事をしたりなどの行動を避け、アライナーが浮いているなどの異常を感じたら放置せずに歯医者さんに相談するようにしましょう。

ちなみにアライナーを作り直した理由を調べてみると、最も多い理由は装着を守れなかったというケースの様です。

サボってしまっている間に歯が戻ってしまい、今のアライナー、または次に付ける予定のアライナーに合わなくなり歯から浮いてしまうようです。

決して安くはないお金を出して行う歯列矯正ですから、自己管理をしっかりと行い良い結果を目指しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事