インプラントはどのくらいもつの(寿命は?) | インプラントを(implant)少しでも長持ちさせる5つの方法
row human tooth and Dental implant. 3d illustration

インプラントは入れ歯やブリッジに比べると平均寿命は長くなっておりますが、半永久的に持つわけではありません。

もしインプラントを再治療するとなった場合、時間も必要になりますし、金銭的負担も増えますので、少しでも寿命を伸ばして長持ちさせたいですよね。

ここではインプラントを少しでも長持ちさせる方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

インプラントの寿命を伸ばすための方法

ではインプラントを長持ちさせる具体的な方法を5つ、順にご紹介します、

1. 日々のメンテナンスをきちんと行う

インプラントも通常の歯と同じようには歯磨きをして、口内をきれいな状態に保つことが大切です。

インプラントの材質はチタンなので虫歯になることはありませんが、歯周病菌が繁殖すると歯の周りの骨を溶かしぐらつきなどを引き起こします。

それによってインプラントが抜けてしまう恐れもあるのです。

ですから、治療を行った病院の先生や歯科衛生士さんから、きちんとした歯磨きの仕方を習って毎日きれいに磨きましょう。

また自宅で行うセルフケアだけでなく、病院で歯石や汚れを落としてもらうメンテナンスも定期的に行うとより長持ちしますよ。

2. 噛み合わせをよくする

上下の歯の噛み合わせ(咬合)が悪いと、歯間に食べ残しが詰まったり、歯磨きがしにくく歯周病の原因となってしまいます。

そうすると先ほど説明したように、インプラントの寿命を縮める原因につながります。

また噛み合わせが悪いと歯に均等に力が加わらないため、歯髄炎や歯周病のリスクが高くなり、結果的に寿命を縮めてしまう原因になってしまいます。

そうならないために、歯医者に定期的な噛み合わせ調整に行くのがおすすめです。

3. 歯ぎしりや食いしばりをなおす

歯ぎしりや食いしばりの癖がある人は注意が必要です。ストレスを感じたときや寝ている間に無意識にやっていることも多いです。

あまりに強い力が加わると、インプラントが脱落したり破損する恐れがあります。

そのため意識して癖を治す、また寝るときはマウスピースをつけるなどの対策も有効です。

4. 質の良いインプラントを使う

インプラントと一言でいってもメーカーや品質はさまざまです。

当然、質の高いインプラントはそれだけ価格も高くなりますので、予算や状況に応じて選ぶといいですね。

予算内でなるべく長持ちできるインプラントを選べるよう、医師に相談してみましょう。

5. 技術の高い医師に治療してもらう

医師によって技術や知識の差はどうしてもあります。当然、高いスキルを持った医師に治療をしてもらったほうが長持ちしやすく安心なのは言うまでもありませんよね。

インプラントを長持ちさせるためのまとめ

インプラントの寿命を延ばし、少しでも長く使えるようにするための方法をまとめると

  1. 日々のメンテナンスをしっかり行う
  2. 噛み合わせをよくする
  3. 歯ぎしりや食いしばりをなおす
  4. 質の良いインプラントを使う
  5. 技術の高い医師に治療してもらう

ご自分の歯となるインプラントと長く付き合っていくために、ぜひ5つのことを意識して試してください。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事