歯は抜けたままにしていませんか?歯を抜けたまま放置しておくのはとても危険です

歯が抜けてしまったけど、生活に支障は無いしこのままでも良いかな?

歯医者に行って抜歯まではしたけど、今は歯医者に通う時間も無いし、お金もないし、とりあえずこのままでも良いかな?などと抜けた歯をそのままにしているという事はよくあります。

しかし、歯を抜けたままにしておくと、さまざまなトラブルの原因となります。

スポンサーリンク

歯を抜けたままにしておくとどうなる?

抜けた歯の隣の歯が倒れてくる

歯と歯は、お互いに力が掛かり合うことで位置を保っています。歯が抜けてしまったまま放置しておくと、両隣の歯に、位置を保つための力が加わらなくなり、その隙間を埋めるかのように、抜けた歯の両隣の歯が傾いてくる場合があります。

さらに、傾いた歯の隣の歯も、正常に力が加わらなくなるため、放置するとその隣の歯も同じように傾いてくる場合があります。

歯が伸びてくる

歯が抜けたまま放置しておくと、抜ける前に上下で噛み合っていた反対の歯が伸びてくる場合があります。

もし下の歯が抜けたとした場合、今まで噛み合っていた上の歯のかみ合せ部分に何もなくなり、噛み合わせによる刺激を受けられなくなってしまいます。そうなると、空間部分を補うように反対の歯(この場合は上の歯)が伸びてきます。

これは、実際に歯の長さが伸びているのではなく、骨の中に埋まっていた部分(歯根)が出てきてしまう状態になるということです。

そのまま放置すると、最悪の場合、抜けた歯の反対の歯まで抜けてしまう可能性もあります。

噛み合わせが悪くなってくる

上記のように、抜けた歯の上下の反対側、抜けた歯の両隣の歯が空間を補おうとして歯は動くので、1本の抜けた歯を放置しておくことで、全体の噛み合わせが悪くなってくる事があります。

胃腸に負担がかかる

噛み合わせや咀嚼機能が悪化すると、消化しにくい状態で飲み込むことになるため、胃や腸で消化しにくくなり、胃や腸に負担を掛けることになります。

歯周病や虫歯になりやすくなる

歯が抜けたまま放置すると、周りの歯が傾いてくる事によって歯が並びが悪くなり、歯と歯の間に隙間ができ、隙間に汚れが溜まりやすくなります。また、歯並びが悪くなると歯ブラシできれいに汚れを落としきれずに口腔内を清潔に保つことができなくなり、隙間に残った汚れの中の細菌が虫歯や歯周病等の原因となります。

しゃべりにくくなる

歯がない状態ですと、口の中の空気が歯の隙間から抜けてしまい、発音しにくくなります。奥歯だとハ行やラ行が発音しにくくなり、上の前歯の場合はサ行が発音しにくくなります。

治療が難しくなる

放置している期間が長くなると、歯が抜けた部分の骨や歯茎が痩せて、治療を行うのがどんどん難しくなっていきます。

歯を失ってしまった場合の治療方法

歯が抜けてしまった場合の主な治療は以下です。

ブリッジ

失ってしまった歯の両隣の歯を削り、両隣の2本の歯で橋のように失った歯の部分の人工の歯を支えます。ブリッジ治療は入れ歯よりも歯の安定性が高いですが、ブリッジ治療を行うためには、両隣の歯が健康である必要があります。また、両隣の健康な歯を削って真ん中の失った歯の部分に入る人工の歯を支えるため、問題の無い健康な歯を削ってしまうというデメリットがあります。また、歯を失う間には3本の歯に掛かっていた負荷が、2本の歯にかかる様になるため、支えになっている両隣の歯への負担が大きくなってしまいます。

入れ歯

次は入れ歯です。保険適応の物が多く、比較的安価で手軽に失った歯の治療を行うことが可能です。ただし、天然の歯や他の治療と比べると噛み心地が劣り、硬いものがかみづらいなどと感じられる場合があります。また、入れ歯を固定するために、隣の歯に掛けるバネ(クラスプ)によって支えとなっている歯に負荷がかかり、弱くなってしまう場合があります。

インプラント

あごの骨に人工歯根(じんこしこん)という歯の根っことなる部分を埋め込みその上に、人工歯根と人工の歯をつなぐ支台部を取り付け、最後に人工歯を取り付けます。インプラントの場合、自然歯に強度と近い噛み心地になります。

また、他の歯に頼らずに独立して人工歯が存在しているので、周りの歯に負担を掛けることもありません。ただし、外科治療が必要になり、治療期間も他の方法と比べると長くなってしまいます。また、保険適応外となるため、治療費が高くなってしまいます。

まとめ

1本の抜けた歯を放置することの重大さ

歯が抜けたまま放置しておくと、抜けた歯だけではなく、その他の歯にまで影響を与えたり、発音などの日常生活や、胃腸などの臓器にまで影響を与えてしまうことがあります。

また、様々な問題を引き起こすだけではなく、抜けた歯を放置したことにより起こる問題を改善するには、かなり大掛かりな治療が必要になってしまいます。例えば、両隣の歯、更にその隣の歯が傾くなどの状態となってしまった場合、歯全体の歯列矯正が必要になることもあり、治療費が高額になってしまうケースもあります。

歯を失ってしまった場合の治療方法はいくつかあり、それぞれにメリットやデメリットがありますので、治療方法に関しては、ご自身の状況にあった方法を選択されるのが良いと思いますが、大事なことは、歯を失ってしまった場合や、治療で抜歯した場合、歯が抜けた状態のまま放置せずに、出来るだけ早く治療を完了させることが重要です。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事