子供でも見えない、目立たない「マウスピース型」インビザライン歯列矯正を選んでほしい。
スポンサーリンク

小児矯正歯科 第一期治療と第二期治療

小児矯正には乳歯と永久歯が混在している第一期治療と、永久歯が生え揃った後、大人と同じ矯正方法が可能な第2期治療の大きく2つに分けられます。

第1期治療

第1期治療は6歳から12歳までに行なう歯の矯正で、この時期に歯並びを治すことには多くのメリットがあります。

偏ったあごの成長をコントロール出来る

小児矯正の場合、成長を利用、コントロールすることが出来ます。あごが成長する子どもの時期であればあごの幅を調整したり、あごのバランスを修正するなどの治療が行えます。

抜歯の可能性が減る

あごの成長を正しい形にコントロールすることで、将来的に矯正が必要になった場合に抜歯する可能性を減らすことができます。大人になってからの矯正治療の場合ですと、永久歯の抜歯が必要なケースでも、成長段階にある子どものうちからに矯正治療を開始することで、抜歯せずに治療出来る可能性が上がります。

虫歯になりにくくなる

歯並びが悪いと、歯の隙間などの食べカスを歯磨きできれいにすることが難しく、磨き残しから虫歯となってしまいます。矯正治療で歯並びを整えれば歯磨きの際の磨き残しなどのリスクを軽減し、虫歯などの病気になりにくくなります。

コンプレックスの解消

歯並びなどの見た目の特徴は、子ども同士のからかいの対象になりがちです。矯正治療で歯並びやかみ合わせを美しく整えることで、コンプレックスから守ってあげることができます。

治療期間が短い

成長段階の子供の場合、大人に比べて歯が動きやすく、永久歯が生え揃ってかあの矯正治療よりも短期間で終わるケースが多いです。

裏側矯正が可能になる第2期治療

第2期治療は永久歯がほぼ生え揃ってから行う治療で、10才~12才ぐらいから始められます。第1期治療を行っている場合は、主に仕上げの治療が目的です。第1期治療時に改善できなかった部位の改善や第1期治療中に生えていなかった奥歯の矯正などを行います。第1期治療を行わなかった場合は成人の矯正治療と同じです。

目立たない矯正

最近では目立たずに矯正出来る方法もあります。

目立たない矯正のメリット

透明なマウスピースを使用した矯正(インビザライン)や、裏側矯正などは、お子様でも治療可能です。

外から見て矯正に気づかれにくい

透明なマウスピースや、矯正装置が歯の裏側に着く裏側矯正では、矯正中に装置をつけていることが目立たないため、お友達に気づかれにくいです。特に多感な思春期のお子様の場合、見た目の問題を気にして矯正を嫌がるケースも多いです。

その様に見た目などの問題を気にしやすい思春期のお子様でも、矯正中の見た目を気にするストレスなく矯正を行うことが可能です。

スポーツなどの際に口の中を傷つけない

裏側矯正の場合、歯の裏側に装置がついているので、もしスポーツなどで人にぶつかってしまった場合や、ボールなどが口元にぶつかってしまった場合も装置がお口の中を傷つけることはありません。インビザラインの場合は、素材が柔らかいプラスチック製なので、こちらも装置が原因でお口の中が傷つく事はありません。

裏側(リンガルブラケット)矯正

裏側(リンガルブラケット)矯正は、従来歯の表側に取り付けていた矯正装置を歯の裏(舌側)につけて矯正を行う方法です。

前述の通り、外から矯正装置が見えないというのが特徴です。

ただし、オーダーメイトで装置を作る必要があるため、従来の歯の表側につけるブラケット矯正よりも費用が高くなってしまいます。

同程度の矯正を行う場合、約1.5倍ほど費用がかかる場合が多いです。

費用を抑えたい場合は、ハーフリンガルと言って、目立ちやすい歯の上側だけ裏側にブラケットを取り付け、目立ちにくい下の歯は表側にブラケットを付けるという方法もあります。

ハーフリンガル矯正は、フルリンガル矯正に比べて費用を20%ほど抑えられる場合があります。

インビザライン

インビザラインはアライナーと呼ばれる透明なマウスピースを使用した矯正方法です。

少しずつ形の異なるマウスピースを一定期間ごとに取り替えていき、徐々に歯を動かしていきます。

透明なマウスピースは、目立たず付けていることがほとんどわかりません。

また、着脱可能となっていまして、食事や歯磨きの際は取り外していただけますので、お口の中を衛生的に保つ事が可能です。

ただしマウスピース矯正は、ブラケット矯正に比べると矯正可能な症状の幅が少し狭いので、症状によってはマウスピース矯正では十分な効果が得られない場合もあります。

まとめ

思春期のお子様の場合、矯正中に目立ってしまう方法はどうしても躊躇してしまうと思います。

最近では矯正中の見た目も諦める必要のないインビザラインや、裏側(リンガルブラケット)矯正などもあり、見た目には目立ちにくい矯正方法があります。お子様の矯正をお考えの方は、治療中の見た目に関するストレスなく矯正を行える見えない矯正を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事